二次会景品を選ぶ際に知っておきたいこと

2次会景品*現金

二次会の景品で現金は幹事の考え方次第です。お金をもらって喜ばない人はいないので、
メインの賞金としてもいいですし、ブービー賞的な扱いとしてもいいでしょう。


どうするかは幹事次第です。
二次会の景品で現金はOKです。現金ばかりというのはどうかということにもなりますが、
いろいろな景品の中に現金もあるというのは、なかなか面白い趣向だと感じてくれるでしょう。

現金を景品にする

お金はやはり誰がもらってもうれしいものです。

額の大小にかかわらず、どんな用途にも使えるというのは大きな意味を持つからです。


あまり大きな額にすると、二次会というよりは、会社のボーナスのようなものになってしまうので、
お金の場合はあまり額を大きくしないのがいいかもしれません。


二次会をどのようなものにしたいのかということにもよりますが、イベントなどでゲームのように
盛り上げたいというのであれば、額をあまり大きくしないのがいいかもしれないというだけです。

もっとも、このことについては、幹事がどのようなものを作りたいのかということで
考えるといいので、幹事の考え方次第です。

幹事の力量


最も魅力的な一番の景品とするのもいいですし、額を抑えてブービー賞的なところに持ってくるのもいいでしょう。


やり方次第でいろいろと使えることにもなります。

二次会はメインの会があって、その後の会ということですから、メインを超えるような
注目を浴びるものではないでしょうから、その景品選びとしても、あまり度を超えないで
楽しめるということも大切な要素と考えられます。

参加してもらって有難う的な感じをだすところで抑えておくのも一つのコツです。
ただ、これは幹事の考え方次第なので、幹事のやり方でやればいいのです。